管理人:さん
MailAddress
こちら
Red Hat Linux 9.0

RedHat 7.3にてPromise FastTrak2000 TX2を使ったRAID>環境インストールメモ


構成
Maxtor 40GB × 2
Promise FastTrak2000TX2Pro(SuperSwap)
ディスク2台でMirror構成

##ドライブ接続時の注意
1ポートに2ドライブ(マスタ・スレーブ)接続する事

PromiseのサイトよりRedHat7.3用のドライバをダウンロードしFDに入れておく
#WindowsフォーマットのFDでいいので落としてきたドライバを解凍しコピーしておく

CDBootをしboot:が出たらlinux ddと入力
boot:linux dd

Do you have a driver disk?
でYesを選択

Insert your driver disk and press "OK" to continue.
でFDをドライブに入れOKを選択

以下しばらく通常通りにインストールをする

ディスクパーティションの設定で
Disk Druidを選択するとディスクが3つ見えている事になっているはず

<うまくsdaが出てこない場合は
linux expart ide0=0x1f0,0x3f6,14 ide1=0x170,0x376,15 ide2=0 ide3=0 ide4=0 ide5=0 ide6=0 ide7=0 ide8=0 ide9=0
で起動すると/dev/sdaのみが出て来る>

/dev/hde
/dev/hdg
/dev/sda

hdeとhdgは単体IDEのディスクがそのまま表示されている
#Modelを見るとディスクのModel名がそのまま表示されているがわかる

sdaがRAIDとして構築されたドライブ
#Modelを見るとPromise 1X2 Mirror/RAIDXX.XXXXXXとなっているのがわかる
#sdaとなっているのはRAIDドライブをSCSI扱いで見ているため

hdeとhdgにはパーティションを何も作らずsdaにのみ作成していく
#万が一hdeやhdgに何かパーティションが存在する場合、無用なトラブルを避けるため削除しておく

次のブートローダの設定画面にて
ブートローダはliloを選択
ブートローダをインストールする場所を
/dev/hdeマスタブートレコード(MBR)
にし、カーネルパラメータに以下の呪文を入力する
ide0=0x1f0,0x3f6,14 ide1=0x170,0x376,15 ide2=0 ide3=0 ide4=0 ide5=0 ide6=0 ide7=0 ide8=0 ide9=0

以下またしばらく通常通りインストールを続ける

一番最後の「おめでとうございます」の画面でalt+ctrl+F2を押しシェル画面に変更
#この時点で絶対に終了を押さない事、押したら再インストール決定
ドライバディスクを入れ
# chroot /mnt/sysimage
# mount /dev/fd0 /mnt
# cd /mnt
# sh setup-ft
# cd /
# umount /mnt
# exit
と入力し、終わったらalt+ctrl+F7を押しGUIに戻る
その後終了を押し終わり

再起動後、MBRの認識がうまくいかずBootできない事があるので、その場合は
セカンダリ側ディスクをはずした状態でBootする

Boot後、セカンダリ側をつける
自動リビルド開始
#HotSwap対応で無い場合は、マスタ側ディスクにわざと変更を与えておきリブートをかける
#その後RAID構築画面にてリビルドをかける
#未確認だが多分これでいけるはず
インストール完了


PC UNIXユーザのためのPostgreSQL...

MindManager Lite 7 日本語版 シングルライセンス
楽天市場なら新作パソコンや中古パソコンが激安に
vector@シェア
vector@プロ
【バッファロー】直販オンライン・ショップ