ヘルプの索引(Ver3.0)
・コメント一覧表示画面
降順表示(新しい順)
昇順表示(古い順)
スレッド表示(ツリー)
親コメントのみ表示(親コメント作成順)
親コメントのみ表示(親コメント更新順)
コメント検索
番号指定による抽出
一括表示

・コメントの閲覧、登録、編集、削除
テキストモード
HTMLモード
コメントの編集
コメントの削除
編集削除キー
ファイルのアップロード

・表示方法の設定
フレームの選択
コメント一覧の選択

・未読表示

コメント一覧表示画面

すでに登録されているコメントの一覧画面であり、この会議室システムでは、5つの表示形式をサポートしています。
降順表示(新しい順)
昇順表示(古い順)
スレッド表示(ツリー)
親コメントのみ表示(親コメント作成順)
親コメントのみ表示(親コメント更新順)

コメント一覧表示画面は以下の列から構成されます。
No. Title Name Date
スレッド一括表示 コメント番号 コメントタイトル コメント登録者名 コメント登録日付
コメントタイトル(Title)をクリックすると、そのコメントを参照できます。
スレッド一括表示をクリックすると、そのコメントからの一連のレス(返事)を参照できます。
コメント登録者名(Name)をクリックすると、コメント登録者にメールが出せます。ただしこれは、コメント登録者が登録時にメールアドレスを指定している場合に限ります。
索引にもどる

降順表示(新しい順)
降順表示(新しい順)は、最新のコメントがリストの上に表示されます。 昇順表示(古い順)の逆の順番で表示されます。
No. Title Name Date
0000005 Re1:はじめまして jinson99/4/20 11:31
V 0000004 はじめまして 新参者99/4/20 11:31
V 0000003 天気くん ラボ男99/4/20 11:30
0000002 Re1:テスト書き込みです。 ラボ男99/4/20 11:29
V 0000001 テスト書き込みです。 Jinson99/4/20 11:28
降順表示(新しい順)と昇順表示(古い順)の表示順は一括表示コメント検索番号指定による抽出の表示結果に反映されます。
索引にもどる

昇順表示(古い順)
昇順表示(古い順)は、最新のコメントがリストの下に表示されます。 降順表示(新しい順)の逆の順番で表示されます。
No. Title Name Date
V 0000001 テスト書き込みです。 Jinson99/4/20 11:28
0000002 Re1:テスト書き込みです。 ラボ男99/4/20 11:29
V 0000003 天気くん ラボ男99/4/20 11:30
V 0000004 はじめまして 新参者99/4/20 11:31
0000005 Re1:はじめまして jinson99/4/20 11:31
降順表示(新しい順)と昇順表示(古い順)の表示順は一括表示コメント検索番号指定による抽出の表示結果に反映されます。
索引にもどる

スレッド表示(ツリー)
スレッド表示(ツリー)は親コメントより、返事が付いた順番に表示されます。
親コメントより返事がどのようについているか、視覚的に分かります。
No. Title Name Date
V 0000004 | はじめまして by 新参者 on 99/4/20 11:31 New
| ++ 0000005 | Re1:はじめまして by jinson on 99/4/20 11:31 New
V 0000003 | 天気くん by ラボ男 on 99/4/20 11:30 New
V 0000001 | テスト書き込みです。 by Jinson on 99/4/20 11:28 New
| ++ 0000002 | Re1:テスト書き込みです。 by ラボ男 on 99/4/20 11:29 New
一番後ろに付いているNewは、最新10件のコメントに対して付きます。
索引にもどる

親コメントのみ表示(親コメント作成順)
親コメントのみ表示(親コメント作成順)は親コメントのみを、親コメントが作成された順に表示されます。
いわゆる、ノート表示的なものです。
Dateは、Updateに変わっています。これは、その親コメントの一連のスレッドのうち、最新のコメントの日付を表示しています。
日付の脇にある、[数字]は、その親コメントに対する返事の数です。
No. Title Name Update
V 0000004 はじめまして 新参者99/4/20 11:31 [2]
V 0000003 天気くん ラボ男99/4/20 11:30 [1]
V 0000001 テスト書き込みです。 Jinson99/4/20 11:29 [2]
索引にもどる

親コメントのみ表示(親コメント更新順)
親コメントのみ表示(親コメント更新順)は最新の返事がある親コメント順に表示されます。
Update列がソートされているのが解ると思います。
No. Title Name Update
V 0000001 テスト書き込みです。 Jinson99/4/20 12:35 [3]
V 0000004 はじめまして 新参者99/4/20 11:31 [2]
V 0000003 天気くん ラボ男99/4/20 11:30 [1]
索引にもどる

コメント検索
コメント検索は、「サブジェクト」、「コメント本体」のどちらか、もしくは両方に対して検索を行えます。
「サブジェクト」とは、「コメント本体」を除いたコメントの構成要素のことです。
コメント番号コメントタイトルコメント登録者名コメント登録日付が「サブジェクト」にあたります。
コメント検索による結果表示の順番は、昇順表示(古い順)からおこなうと昇順表示になります。
その他の表示方法降順表示(新しい順)スレッド表示(ツリー)親コメントのみ表示(親コメント作成順)親コメントのみ表示(親コメント更新順)からおこなうと降順表示になります。

キーワードは、以下のように指定できます。

この例では、”じんそん or 天気くん and 書き込み”という条件になります。
キーワードとキーワードの間を" "(スペース)で区切ると"OR"に、"|"で区切ると"AND"になります。

このコメント検索による結果を一括表示することが可能です。

索引にもどる

番号指定による抽出
番号指定によるコメントの抽出は、昇順表示(古い順)降順表示(新しい順)からのみ可能です。
抽出結果表示の順番は、コメント一覧の表示順に依存します。

No. から、No.を抽出する。

上の例の様に、最初の番号だけ指定すると、指定した番号のコメントから一番最後のコメントまで抽出します。

No. から、No.を抽出する。

上の例の様に、最後の番号だけ指定すると一番最初のコメントから指定した番号までのコメントを抽出します。

No. から、No.を抽出する。

上の例の様に、なにも指定しないと、全てのコメントを抽出します。

番号指定による抽出の結果を一括表示することが可能です。

索引にもどる

一括表示
一括表示は、下記の2つあります。

・コメント一覧や、検索、抽出結果より一括表示
一括表示により表示されるコメントの順番は、コメント一覧の表示順に依存します。
表示されるコメントは、コメント一覧に表示されているコメント数分だけとなります。検索や抽出結果より一括表示を行った場合も同様です。すなわち、検索や、抽出結果のコメントを一括で表示することが可能です。

・親コメントより一括表示(スレッド一括表示)
一括表示の対象は、その親コメントと、そのコメントに対して付けられた返事全てとなります。

索引にもどる


コメントの閲覧、登録、編集、削除

テキストモード
テキストモードは、HTMLで使用される以下の記号の使用が可能です。
&は -> &に置換。
>は -> >に置換。
<は -> &lt;に置換。
"は -> &quot;に置換。

Miaのシステムデフォルトでの引用文字は"|"です。
この引用文字で始まる行は、文字列の色がこの色になります。
ただしこれらは、管理者により変更されていることもあります。
テキストモードで、特別な意味があるのは以下の文字列です。
http://で始まる文字列。
foo@bar.comなどのメールアドレスとして、みなすことができる文字列。
上記文字列があった場合は、リンクとなります。(アクティブリンク機能)
例、 http://www.telnet.or.jp/~mia/ と、記述した場合。
以下の様に登録されます。
http://www.telnet.or.jp/~mia/
索引にもどる

HTMLモード
HTMLモードは、HTMLタグを記述してコメントを登録することができます。
ただし、以下のタグは使用禁止です。
<TABLE>関連のタグ
<EMBED>関連のタグ
上記は一例です。その他にも使用できないタグがありますが、登録時に警告されます。
テキストモードと同様に、引用文字で始まる行は色が変わりますが、http:// や foo@bar.comはリンクになりません。
索引にもどる

コメントの編集
編集削除キーを使用することにより、コメントの編集が行えます。
書き込みを失敗したコメントなどの修正が可能となります。
ただし、管理者によるコメントの編集は編集削除キーを必要としません。
索引にもどる

コメントの削除
編集削除キーを使用することにより、コメントの削除が行えます。
ただし、管理者によるコメントの削除は編集削除キーを必要としません。
索引にもどる

編集削除キー
編集削除キーを、コメント登録時に付けておくことにより、コメントの編集コメントの削除が行えます。
一度指定すれば、以後、ブラウザに編集削除キーを記憶する事ができるので、なるべく指定するようにしてください。
索引にもどる

ファイルのアップロード
ファイルアップロードは、管理者が定めたサイズのバイナリーをアップロードできます。
アップロード終了後、引続きコメントの登録ができます。ここでコメントを登録すると、そのコメントにファイルが添付された形になります。
ファイルをアップロードした後にコメントを登録をしなければ、どこからもリンクされません。(秘密のやりとりに使えます)
アップロードされたファイルの削除は、管理者のみ行う事ができます。もし、アップロードしたファイルを削除したい場合は、管理者まで連絡してください。
索引にもどる


表示方法の設定

フレームの選択
デフォルトで使用するフレームを選択します。この設定内容はHTTPクッキーにて、ブラウザに記憶されます。
使用したいフレームを選択し、フレームの幅を設定します。横幅か、高さか、選択したフレームによって意味がことなります。
何度か試してみて、自分に合った設定をしてください。
このフレームを使用




コメント一覧
コメント閲覧
このフレームを使用
コメント一覧
コメント閲覧
会議室一覧
このフレームを使用










会議室一覧
このフレームを使用
コメント一覧



コメント閲覧
このフレームを使用
会議室一覧
コメント一覧
コメント閲覧
このフレームを使用
会議室一覧










このフレームを使用
会議室/コメント一覧
コメント閲覧
このフレームを使用
会議室
コメント
一覧
コメント
閲覧
このフレームを使用
コメント
閲覧
会議室
コメント
一覧
このフレームを使用
NOFRAME

フレームの幅を設定してください
数字以外や、最低最大値を越えた場合はデフォルトが設定されます
会議室一覧の幅を %に設定(最低5%, 最大50%)
コメント一覧の幅を %に設定(最低5%, 最大50%)
フレームを選択すると、上記「会議室一覧の幅」と、「コメント一覧の幅」が変化するのが、わかると思います。
索引にもどる

コメント一覧の選択
デフォルトで使用するコメント一覧を選択します。この設定内容はHTTPクッキーにて、ブラウザに記憶されます。


よくあるBBS表示 (NOFRAME Mode Only!)を選択した場合、FRAME Modeでは降順表示(新しい順)となります。
索引にもどる


未読表示

未読表示設定
選択した会議室の未読コメントを一括表示できます。
未読一括表示対象の会議室と、既読コメントを設定することにより、その既読コメント以降のコメントを一括表示します。
既読コメントポインタはHTTPクッキーにて、ブラウザに記憶されます。
次回より未読一括表示を選択するだけで、前回設定した未読一括表示の対象となる会議室の未読コメントを表示します。
新しい会議室が増えるなどして、未読一括表示対象の会議室を追加したい場合、未読一括表示を行った後に、「未読一括表示設定」をクリックすることにより、未読一括表示設定画面に入ることができます。

会議室名最終更新日時最新コメント既読コメント
テスト会議室 99/4/20 02:00 0000010
既読コメントがゼロ詰めで指定されていますが、自分で既読コメントのポインタを変更する場合は、ゼロ詰めにする必要はありません。
索引にもどる