管理人:さん
MailAddress
こちら
qmailで作るメールサーバ徹底...DJB Tools

メールサーバ

qmail+vpopmailインストールメモ


あくまで自分の覚え書き用メモなので適当
バージョンなどはそのとき使うものに適宜置き換える


まずはqmailのインストール
とりあえずqmailをダウンロードしてくる
適当な場所にほりこんでインストール開始
qmailのインストール方法なんてあちこちに書いてあるので今更書かなくてもいいだろうけど一応

# mkdir /var/qmail
# groupadd nofiles
# useradd -g nofiles -d /var/qmail/alias -s /bin/false alias
# useradd -g nofiles -d /var/qmail -s /bin/false qmaild
# useradd -g nofiles -d /var/qmail -s /bin/false qmaill
# useradd -g nofiles -d /var/qmail -s /bin/false qmailp
# groupadd qmail
# useradd -g qmail -d /var/qmail -s /bin/false qmailq
# useradd -g qmail -d /var/qmail -s /bin/false qmailr
# useradd -g qmail -d /var/qmail -s /bin/false qmails
#tar zxvf qmail-1.03.tar.gz
#cp /***/qmail-date-localtime.patch ./qmail-1.03
#cd qmail-1.03
# patch -p1 < ./qmail-date-localtime.patch
#make setup check
#./config
# cp /var/qmail/boot/home /var/qmail/rc
# vi /var/qmail/rc
MailBox形式からMailDir形式に変更
修正
qmail-start ./Mailbox splogger qmail &
                ↓
qmail-start ./Maildir splogger qmail &
qmailにSendMailの代わりをするものが入っているので、元々SendMail入っている場合は名前を変え、qmailの方のSendMailを変わりにリンクしておく
#mv /usr/sbin/sendmail /usr/sbin/sendmail.bak
#ln -s /var/qmail/bin/sendmail /usr/sbin/sendmail

とりあえずこれでインストールは完了
次は設定を
設定ファイルの場所は/var/qmail/controal/

[defaultdomain]
hogehoge.com

[locals]
localhost
hogehoge.com
ns1.hogehoge.com

[plusdomain]
hogehoge.com

[rcphosts]
localhost
hogehoge.com
ns1.hogehoge.com
.hogehoge.com

[me]
ns1.hogehoge.com

[defaulthost]
hogehoge.com

今回はTCPServerで動かすので、これまた拾ってきてインストール
#rpm -ivh ucspi-tcp-0.88-1.i386.rpm
RPMで一発ぽんと

そしてvpopmailのインストール
popperにvpopmailを選んだ理由はVirtualDomainが簡単に出きるので
vpopmailはinter7より拾ってる
そして拾ってきたらインストール開始

#tar zxvf vpopmail-5.0.1.tar.gz
#cd vpopmail-5.0.1
#groupadd -g 89 vchkpw
#useradd -g vchkpw -u 89 vpopmail
今回はPOP Before SMTPを有効にするので
#./configure --enable-default-domain=hogehoge.com --enable-admin-email=root@hogehoge.com --enable-roaming-users=y --enable-relay-clear-minutes=10
こんな感じのオプションで、オプションは色々あるのでその時作るものに応じて変更
--enable-default-domain=hogehoge.com初期値となるドメインを指定、これを指定するとこのドメインはユーザ名のみでPOPできる(VirtualDomainは通常user@hogehoge.comがPOPアカウントになる)
--enable-roaming-users=yこのオプションでPOP Before SMTPが有効になる
--enable-relay-clear-minutes=10このオプションにより10分間POPで取得したIPを保持しSMTP接続を許可する
#make
#make install-strip
#cd /home/vpopmail/etc
#vi tcp.smtp
編集
127.:allow,RELAYCLIENT=""
他、常に接続を許可するアドレス
#crontab -e
作成
*/1 * * * * /home/vpopmail/bin/clearopensmtp 2>&1 > /dev/null
1分毎にDBを更新
これでインストール完了、次にVirtual Domainの設定
#/home/vpopmail/bin/vadddomain hogehoge.com password
ユーザーの追加、追加は後でインストールするqmailadmin上で行っても良い
#/home/vpopmail/bin/vadduser user@hogehoge.com password

んで、起動スクリプトを適当に作って/etc/rc.d/init.d/に入れておく
#chmod +x /etc/rc.d/init.d/qmail
#/sbin/chkconfig --add qmail

これで、メールサーバに必要なPOP、SMTPともにインストールが完了
以下はおまけ、メーリングリストや管理ツールなどのインストール

メーリングリスト用プログラムezmlmのインストール
$ tar zxvf ezmlm-0.53.tar.gz
$ tar zxvf ezmlm-idx-0.40.tar.gz
$ cp -R ezmlm-idx-0.40/* ezmlm-0.53
$ cd ezmlm-0.53
$ patch < idx.patch
$ make clean
$ make
$ make man
/usr/local/bin/ezmlm 以外にinstallしたいときは
conf-binを編集
$ su
# make setup

次は自動応答用プログラムautoresponseのインストール
#tar zxvf autorespond-1.0.0.tar
#cd autorespond-1.0.0
#gcc -O2 -o autorespond autorespond.c
#strip autorespond
#cp autorespond /usr/local/bin/
#chown root.root /usr/local/bin/autorespond
#chmod 555 /usr/local/bin/autorespond

管理ツールのqmailadminインストール
これを入れておくとブラウザからユーザの追加などの管理ができる
この位のツールがあれば普通に使う分には問題ないっしょ
#tar zxvf qmailadmin-1.0.tar.gz
#cd qmailadmin-1.0
#./configure --enable-htmldir=/***/***
#make clean
#make
#make install-strip



萌え萌えうにっくす!UNIXネッ...

MindManager Lite 7 日本語版 シングルライセンス
楽天市場なら新作パソコンや中古パソコンが激安に
vector@シェア
vector@プロ
【バッファロー】直販オンライン・ショップ